シシマイ基礎知識

シシマイ基礎知識

日本には少なく見積もっても

数千のシシマイが伝えられています。

シシマイ基礎知識

シシマイ基礎知識

シシマイというとお正月の風物詩と思っている方も多いと思いますが、決してそのシシマイだけではないのです。

例えば、シシって何の動物かご存知でしょうか。ライオン、あるいはライオンを元にした想像上の動物と言われたりしますが、日本のシシマイはそれだけでは済みません。龍、麒麟、熊、虎、猫そして鹿。どれも、日本のシシマイのモチーフになっている動物です。それが日本の各地で花開いて、豊かな芸能文化をつくりあげたのです。

東京シシマイコレクション2020

日本全国シシマイマップ

北海道開拓の獅子舞
北海道開拓の獅子舞
北海道
東日本の風流系シシマイ
東日本の風流系シシマイ
北海道・青森・秋田・山形・宮城・福島・栃木・茨城・新潟・長野・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川など
鹿踊り
鹿踊り
岩手・宮城・愛媛など
虎舞
虎舞
岩手・宮城・神奈川・香川・熊本など
長井の黒獅子舞
長井の黒獅子舞
山形
富山の百足獅子舞
富山の百足獅子舞
富山など
信州の屋台獅子
信州の屋台獅子
長野
大神楽(太神楽)
大神楽(太神楽)
三重・東京・茨城など
西日本の獅子舞
西日本の獅子舞
和歌山・兵庫・香川・徳島・高知・愛媛・岡山・広島など
麒麟獅子舞
麒麟獅子舞
鳥取・兵庫
大陸系の獅子舞
大陸系の獅子舞
佐賀・長崎
沖縄の獅子舞
沖縄の獅子舞
沖縄

シシマイの歴史

*

シシマイの歴史は古く、奈良時代の獅子頭が正倉院の宝物に残されています。シルクロードを伝わり大陸から伝来した芸能が、起源だと考えられています。

獅子は強い力を持つことから、仏教儀礼や祭礼行列の先導や、舞台を最初に祓い清める役を担っていたようです。

この獅子舞は、胴体の中に2人あるいはそれ以上の人が入って演じるタイプのもので、その後、全国各地に広まっていきました。

これが、祭礼に登場する獅子舞のルーツです。

*

江戸時代になると、伊勢神宮の近くにいた神職たちが、獅子舞を持って全国を回るようになりました。こうした獅子舞を、「大神楽」(太神楽)と呼び、江戸にも伝わり、やがて全国各地で演じられるようになりました。

ときに曲芸なども演じるのが、この大神楽の特徴です。これがお正月に登場する獅子舞の、スタンダートとなりました。

*

一方、江戸時代には頭に獅子頭を取り付けて、お腹につけた太鼓を打ち鳴らしながら踊るタイプの獅子舞も登場します。

1人で1頭を演じるもので、これを「風流系」の獅子舞と呼んだりします。

不思議なことに、東日本だけに伝わっています。

特に関東から東北にかけては獅子3頭で演じる「三匹獅子舞」が、宮城から岩手にかけては獅子ではなく鹿の頭をつけた「鹿踊り」が見られるのが特徴です。

これら風流系の獅子舞は、夏に演じられるのが一般的です。